琉球スピリチュアルマネジメントオフィスつなぐ 琉球神記

★出雲大社神主である主人と二人で歩む、琉球神人神職の日々を綴ります★ 【betty】吉田薫

2019.3.02(土)四十九日みーさ

こんばんは(*^ω^*)

昨日の事ですが、

沖縄市オフィスカウンセリング、ご予約ご来店誠にありがとうございました(*´꒳`*)

 

●会社経営、家相、湧き水禊のご相談

●子宝、職場のご相談

 

でございました。

美味しいお土産もありがとうございました(*´꒳`*)カムサハムニダーー。

 

さてはて

下記↓は、お義父さんの四十九日の夜中の出来事です。

 

途中睡魔に勝てず、

寝落ちしてまいましたので、文章の続きをば。。

 

四十九日の夜

時計を見ると2時ジャスト!

 

疲れているので、早く眠ってしまいたいのに

何故か

目を閉じれずにいました。

 

すると、天井から、

お義父さんが登場しました。

 

そう、その日四十九日を迎えたお義父さんです。

 

私「おとうさん?どーしたの?四十九日終わったから、ちゃんと極楽浄土に行かないと

彷徨っちゃいますよ?何か忘れたんですか?」

 

義父「薫さん、あの川の向こうへ渡る前に

今しか、話せないみたいなんですよ。

〇〇には、〜〜もっと女らしくなりなさいよ。優しく上品に、言葉遣いは気をつけなさい。

おかあさんをお願いしますね。

〇〇には、〜〜

を伝えてくださいね。etc…」

 

と、家族1人1人に伝える事を、細かく話し始めました。

 

私「わかりました、ちゃんと伝えますよ。

他にやり残した事や、お願いがあれば、パパさんに伝えますよ?」

 

義父「私は、墓はね、いらないよ。

私は生まれも育ちも東京だから。

ここに(沖縄)墓はいらないよ、

東京のお母さんに、親不孝者だと、叱られますよ。

○○の西光寺

あ、漢字はこう書きますよ。

に行ってみてください。

 

そして、南千住から〇〇に電車で行くと、桜がとても綺麗なんですよ。

 

もうすぐ咲きますよ。

マヤにも、薫さんにも見せてあげたいなぁ。」

 

と、それはそれは、クリアにはっきりとした口調で話すので

もぉ、寝ていたパパさんを起こして

 

そこにお義父さんが居る事、今、伝えている言葉を

正確に伝えました。

 

義父「一雄、〇〇は生まれ月の7月に、7日って書いてあるけど

〇〇が、又、起きてしまうよ。

助けてあげなさい!ちゃんと連絡とりあって!

 

お正月には、今まで通りに、みんな集まってよ?おじーちゃんからのお年玉もあげてちょーだいよ?

一雄!

Aちゃんと、マヤにはランドセルを好きなの買ってあげてよ?

おじーちゃんからって、おじーちゃんのお金で買うんだよ。」

 

と、

どんどん急ぎ声で伝える義父。

 

ちなみに、Aちゃんもマヤ吉も、

来年一年生っちゅーに!何回言ってもわからんねー(*^ω^*)ww

 

四十九日までの、みーさは本当にクリアです。

 

初七日までのクリアさには、敵わないけれども。。

 

その時、時計を見て2時30分。

 

沢山沢山、メッセージを伝えて

義父の声と、氣が消えました。

 

長い様で短い、

AM2時から2時30分までの丑三つ時の出来事でした。

 

パパさんは、私が伝えたことを、一つ一つ

携帯のメールで残し

 

私は気絶寝致しました。

 

身内だからこそ、伝える事ができる言葉、会話のやり取りだったので

 

ダウンするような、緊張感はなかったのですが

翌朝かなーーーりダルく、全身が打撲したかのように痛かったのを

覚えています。

 

今日は、身内を集め

みーさのメッセージをパパさんから伝え

今後の事を話し合ったそうです。

 

私がは、全く知らない親戚の名前や、

お義父さんの住んでいた町や、お寺の名前

親戚の誕生日なども含めて

話した内容に、

親戚一同驚いていたようですが

 

私の職業を知っているので

 

「本当にこんな事が、こんな不思議な事があるんだね。」

 

と、涙していたようです( ; ; )

 

私も、日々摩訶不思議な事に

驚かされる毎日ですが

 

身内だからこそ、

訪ねる相手が、私を信頼して、初めて

みーさはできます。

 

今回、改めて思いました。

 

言葉一つ一つを伝える責任の重さを

改めて感じました。

 

今回、四十九まで、正確には五十日まで。

 

お義父さんには、沢山教えてもらいました。

ありがとうね、お義父さん。

 

私は日々、学び経験しています。

 

これから先、今後

何が出来るようになるのかはわかりませんが

 

あの世とこの世の仲介人として

 

この経験は、

この世に残していかなければならないな

 

と、改めて思った五十日でした。

 

※ちなみに、みーさのご依頼は受付ておりません。ご了承下さいませ。

 

それでは、明日は厄除け祈願。

また、明日!

 

おやすみなさいませ(*´꒳`*)

 

皆様も、お疲れ様でした。